About


About
人類が暗い洞窟から出て以来、家は厳しい環境から身を守り、くつろぎを与えてくれる空間を提供してきた。そうした機能から見ると、家は世界のどこでも、グリーランドでもアフリカでも、変わらない。けれども外観は地域により大きく異なり、同じ国の中でもずい分違ったりする。なぜなら家は、環境からの適応だけでなく、そこに住む人々の文化や歴史と深く結びついているから。

ここ数年、自分は家や建物を絵のモチーフにしてきた。そうした絵を人々は風景画と呼ぶけれど、少し違うように感じた。民家を描くことは、間接的にそこに住む家族を描くことであり、商業ビルを描くことは、そこで働く人々を描くこと。言い換えれば、自分は建物というフォームを通じて人々の肖像画を描いているのかもしれない。
僕はそれらを「家景画(house-scape painting)」と名付けることにした。
***
このウエブサイトでは主に、個人的な思い入れのある場所の「家景画」を紹介しています。それは実家の青梅(東京)だったり、創作活動で大きな転機となったポキプシー(米国NY州)だったり、ひと夏過ごしたエクスアン・プロバンス(仏)だったりします。楽しんでいただければ幸いです。